2018年9月8日土曜日

FOR flowers of romance presents 〜 flower noise『Pendant 1957-2018』

photo:Ryo Mitamura

東野翠れん『Pendant 1957-2018』の展示に合わせ、
三夜に渡りスペシャルなライブを開催します

第一夜 flower noise vol.6

本展覧会の企画を行う岡野隆司(FOR flowers of romance)がプロデュースする

ライブシリーズ『flower noise』を、本展覧会に合わせ3夜開催
先ずは東野の写真とシンクロする
夢心地な音色を奏でる森俊二のソロ・ライブから

日時:9月15日(土) 20:30-

出演:222(森俊二 / Shunji Mori )_guitar
定員:50名
入場料:¥3,500(ドリンク付)

ご予約はこちら

森俊二/Shunji Mori

1991年、中西俊夫プロデュースによる「ナチュラル・カラミティ」としての
1stアルバム『Dawn In The Valley』でデビュー
静かでメランコリックな彼の音楽性はアメリカのメディアでは"ドリーミー・サウンド"と称され
ジャック ジョンソンが自身のムービーのサウンド・トラックに使用するなど
世界各地でその評価は非常に高い
現在はGabby&Lopezの活動に加え
曽我大穂(CINEMA dub MONKS)との即興ライヴバンド「DAMO」や
再びナチュラル・カラミティの新作とソロ・プロジェクト 「222 」でのアルバムを製作中

*******************************

第二夜 flower noise vol.7

2年前の銀座、小さな会場で東野が体感した
奇跡のようなふたりのライブが、今展覧会のために再び

日時:9月22日(土) 20:30-
出演:伊藤ゴロー / Goro Ito_guitar
   甲田益也子 / Miyako Koda_vocal
定員:50名

入場料:¥3,500(ドリンク付)

ご予約はこちら

伊藤ゴロー/Goro Ito
青森市出身の作曲家、ボサノヴァ・ギタリスト、音楽プロデューサー
伊藤ゴローアンサンブル『アーキテクト・ジョビン』(17)がハイレゾ音源大賞を受賞
近年のプロデュース作品は原田知世『音楽と私』他多数
詩人で造本家の平出隆、建築家の青木淳と《Crystal Cage College》も行う
これまでに手がけた映画音楽は『響〜HIBIKI』(18)
『恋は雨上がりのように』(18)『君と100回目の恋』(17)他

甲田益也子/Miyako Koda
1980 年 資生堂「花椿」誌の表紙にてモデルデビュー
1983 年 音楽ユニット「dip in the pool」(主に歌詞、歌唱担当)結成
以来、現在まで並行して活動中
FOR / la fleur  SS 2013 LookBookに登場、’flower noise’にも過去3回の参加
ゴローさんとは2回目の共演となる

*******************************

第三夜 flower noise vol.8

古い友人同士である東野と湯川、二人のあいだには笑顔が絶えない
今春、母になった湯川がどんなライブを魅せてくれるのだろう

日時:9月29日(土) 20:30-
出演:湯川潮音 / Shione Yukawa_guitar & vocal
   徳澤青弦 / Seigen Tokuzawa_cello
   藤原マヒト / Mahito Fujiwara_keyboard
定員:50名
入場料:¥3,500(ドリンク付)

ご予約はこちら

湯川潮音/Shione Yukawa
1983年東京出身。小学校時代より東京少年少女合唱隊に在籍、多くの海外公演などを経験
2001年ポップフィールドではじめて披露された歌声が 多くの話題を呼ぶ
翌年のアイルランド短期留学から帰国後、自作の曲も発表し本格的な音楽活動をスタート
以降、美しいことばの響きを大切にした歌詞
クラシックやトラディショナルを起点に置いた独自の世界観で音楽を紡ぎ続けている

*******************************

みなさまのご参加を心よりお待ちしております

FOR flowers of romance 岡野隆司



2018年8月29日水曜日

la fleur WORKSHOP @ moss* atelier

moss*のatelierでのワークショップのお知らせです


『私はわたし 』vol.1   "Je dans la fleur"

全4回で構成するla fleur ワークショップ@moss *atelierのお知らせ

『私はわたし』1回目となるla fleurワークショップはくちなしの花を制作
岡野さんから花の色や香りデザインについてのお話しを聞きながら
自身の深層心理に問いかけ
見えないものをカタチにしてゆきます
ココ シャネルも愛したとされる
くちなしの花は凛とした佇まいを放ちます
白く気高くも『私はわたし』と言い切る
そんな自分と向き合う時間を共に過ごしましょう

日時 2018年 9月23日 (日・祝)
午前の部 11:00〜14:00
午後の部 15:00〜17:00

参加費 
午前の部  8500yen+tax ランチ&デザート付き
午後の部  8000yen+tax デザート付き

場所  moss*atelier (川崎市中原区)


様々な角度から自身の五感を研ぎ澄ませ
自分自身を発見してゆく企画
美味しいものや美しいものに出会えたとき
内なるものが揺さぶられる感覚を一緒に体感してゆきましょう

参加をご希望される方は
までお問い合わせくださいませ
皆様のご参加をお待ちしております

la fleur  岡野奈尾美
moss*  石澤敬子

*2回目以降の予定は下記の通りになります
皆様のご予定に入れていただけたら幸いです

2回目  「花と本と」2018年12月9日予定
3回目  「記憶のなか」2019年2月10日予定
4回目  「花を味わう」2019年5月26日予定

2018年8月27日月曜日

la fleur ワークショップのお知らせ

日常に喜びを見いだすことのできる翠れんの感覚を
私と料理を作りながら試食し、
レシピを持ち帰り楽しめるワークショップです
(今回はコサージュのワークショップではございません)

Workshop<写真と言葉と味覚>
東野が自身の写真に寄せた文章に着想を受け、
コサージュ・アーティストの岡野奈尾美がオリジナル・レシピを制作
その料理の創作課程を辿りながら、
写真・言葉・味覚を行き来する、
一風変わった「写真を味わう」ワークショップ

日時:9月20日(木)19:00-
講師:岡野奈尾美(la fleur)
定員:10名
参加費:¥4,500(軽食・ドリンク付)

*ご予約はこちらから→ご予約

皆様のご参加を心よりお待ちしております

la fleur 岡野奈尾美

2018年8月10日金曜日

Suilen Higashino Pendant 1957-2018

私が企画で関わっております、東野翠れんさんの写真展、
『Suilen Higashino Pendant 1957-2018』
Webサイトが公開されました
「Article」では鼎談シリーズでla fleurの岡野奈尾美も参加させて頂きました
ご一読頂けたら幸いです

Webサイトはこちらになります→『Suilen Higashino Pendant 1957-2018』


FOR flowers of romance 岡野隆司

2018年7月10日火曜日

代官山ティーンズ・クリエイティブ      la fleur WORKSHOP report

代官山ティーンズ・クリエイティブでのコサージュのワークショップを終えました
今回は小学生から大学生までの幅広い年代の方にご参加いただき、
テーマの「自分とは」を各々が想像しコサージュに落とし込み完成させました
みんなの真剣な眼差しが印象的な一日でした

la fleur 岡野奈尾美

2018年6月28日木曜日

"Lovelorn” la fleur -a1859-


そして、それには相手が必要
相手とは愛する彼であったり、花というものであったり
友人という人であったり、旅というチャンスであったり
でも全ては自分を写す鏡だと感じる
結局のところ 相手は自分を写しているから 
たった一人だ

孤独なのだと

その孤独こそ
自分自身を感じるときでもあり
相手を愛すると感じる時間でもある


2018.4.17.5:28
***************************************************************

鮮やかなシルクサテンの菊の花、大きく華やかな印象のコサージュ
上にPVCをのせてニッケルのビスでとめつけています
茎はワイヤーで巻き上げ仕上げています

2018年6月27日水曜日

"Lovelorn” la fleur -b1857-


私の孤独は、安らぎの中にある
でもこれも、誰かが居てくれる時間があっての事
地球でたった一人っきりだとしたら、それどころではない

ヒトは身体と言葉をもっているので、孤独です
だからこそ、何かを分かち合いたいと
もがくのではないでしょうか

2018.4.17.5:28
***************************************************************

花柄プリントのシルクのスカーフで作った土台に、繊細なひと枝の花が配されたデザイン
小さな花びらにはグラデーションで色が幾重にも重ねられています
プレスをした上にPVCをのせてニッケルのビスでとめつけています
裏側にはPVCのベルト通しでリボンや紐を通せる仕様になっています

2018年6月25日月曜日

"Lovelorn” la fleur -b1856-


誰かの前で無防備でいられる心地良さと怖さの間で、私は「私」をよく見えるようになった気がします

二人でいる時も、一人だからです
別れた後の一人の時間が
不思議なくらい気持ち良いです

それは、学生時代にウランバートルの大草原を目の前にした時の風
パリのカフェで浴びた光
ハイになるくらい気に入った文章を読んだ時
肌触りの良いネグリジェで煙草を吸う時にも
似ています

忘れられない景色
風や光や雨
言葉や恋人の瞳も
思いがけずに、「本当に」見つめられた瞬間に
密度があるのかもしれないと思います
それはシェアできない、一人の時間です

愛と孤独の間には
困惑と不安、新しい解釈の発見
でもそれも答えじゃないと
自分で受け入れる私がいます
そうして、わずかなピースだけを
持つようになるのです
そうしないと
新しい愛も孤独も知ることができない

愛は一種の愛として
孤独は一種の孤独として
楽しむことができる

愛と孤独の間にいる女性が付ける花は、未完成で、完璧だろうと思いました

2018.3.11.18:28
***************************************************************

花柄のシルクのスカーフから作った華やかなブーケコサージュ
スカーフのプリント位置によって一つ一つのコサージュの色も少しずつ変わります
プレスをした上にPVCと革のベルトを乗せて、ニッケルのビスでとめつけています
裏には革のベルト通しが付いており、リボンや紐を通せる仕様になっています

2018年6月24日日曜日

"Lovelorn” la fleur -a1855-


二〇〇九年、父の八十歳の誕生日からほどなくして、私の旅ははじまる。

二〇〇九年三月三十日 月曜日 晴天
銀色のトランクの中へ荷物を詰め込む。スカート、ブラウス、セーター、ワンピース、パンツ、ブラジャー、パジャマのワンピース、タオル、歯ブラシ、化粧道具ひとそろえ、石鹸、シャンプー、リンス、ナプキン、カミソリ、ブラシ、マニキュア、爪切り、スニーカー、ガイドブック各種。ハンドバックにパスポート、航空券、予約した列車の電子切符、ホテルの予約チケット、プリントアウトした地図、ペン、携帯電話、デジタルカメラ、お財布、クレジットカード、それから、アンネの日記、父の日記、そして、私のまだ真新しいノート。朝六時半、トランクを閉じて、家を出る。
黒いオーバーコート。ブーツを履く。ヨーロッパはなお寒いだろうか。首にマフラーを巻きつける。

いってきます。





「親愛なるキティーたちへ」小林エリカ(リトルモア)より




2018.3.23.22:14
***************************************************************

幾重にも重なったシルクサテンの花びら
立体的なバラの花を作り、プレスをした上にPVCと革のベルトをのせてニッケルのビスでとめています
ブラックの方には花びらにプリント地を混ぜて使用しています
花柄のシルクのスカーフ生地を使っているので一つ一つの柄が違います

2018年6月23日土曜日

"Lovelorn” la fleur -b1854-


いつも形のないその瞬間を最大に愛していますが、同時にその瞬間手放してもいます
その繰り返しのような感じで生きています
アートに携わる理由は正解とか答えがひとつでないからかしら
考えたり感じたりすることを延々できるからかかしら

2018.3.20.21:04
***************************************************************

野に咲く花を摘んできて押し花のようにしたデザインのコサージュ
押し花のようにプレスをして、上にPVCと革のベルトを乗せてニッケルのビスでとめつけています
革のベルトにリボンを通すとネックレスやチャームにもなります
胸だけでなく、バックやボトムにつけたコディネートも楽しめます

2018年6月22日金曜日

"Lovelorn” la fleur -b1853-

わたしは、心のなかに、子どものころに”ああここは天国のようだ”と思った場所があって、
都会に住んでいるけれど、いつもあの景色に戻ってゆく感覚があります

そして、なによりそこに住む家族と過ごした時間が、
喜びに満ちているものとして、いまも存在しているから。
この家族と過ごした時間、何度も訪れていくうちに、マフラでの記憶が厚みをまして
街の真ん中にいても、彼らの存在感、空気感、自然の色彩に身体が満たされてゆく

2 2018.3.13:39
***************************************************************
薄く透ける紫陽花のような花びらの上に、バラ花びらや枝を散りばめたコサージュ
様々な素材と表現が一つになったコサージュです
押し花のようにプレスをして、PVCをのせ、真鍮のビスで止めつけています

2018年6月21日木曜日

"Lovelorn” la fleur -a1852-


はっと何かを思いつく時は、その世界を垣間見ている。
この世の時間経過をなくしている瞬間なのではないでしょうか?
そんな風に思いますが、、

2018.3.12.11:43
***************************************************************

薄く透けるポピーの花びらとフランス製の花芯がアクセントになったコサージュ
くねる茎はピンクには白、ブルーには黒のワイヤーで巻き上げ仕上げています
押し花のようにプレスをして、PVCをのせてビスで止めつけています
ピンクには真鍮、ブルーにはニッケルのビスになります

"Lovelorn” la fleur -b1851-


Swimming under the crescent                                          

NYに来て、宿を始めてから、歳を重ねるのは夜の海で泳ぐようだと思い始めました ひょっとしたらそう以前に書いたかもしれません

それまで記憶は積み重なってゆくものだと思っていたのに、強烈な印象を残した出来事や、絶対に忘れないと決めた経験や、どうしてなのかいつまもで心に残る景色や風や音が、ある時何かの拍子に突然蘇ってくる事を繰り返す間に、記憶がまるで深い海に浮かび上がったり沈み込んだりするもので、歳をとってゆくという事は、暗い海を泳ぐような感じだなと思い始めました 「記憶」達が泳ぐ私の手にいきなりぶつかっきたり、そうとは知らずに掴んでしまったり、自分の横を漂ってゆくのを眺めて、驚かされたり、嬉しくなったり、寂しくなったり、懐かしくなったりを繰り返しています 深く海に沈んでしまってもうきっと二度と思い出せない記憶や、忘れた事さえ気がつかないうちに遠くに消えてしまった記憶もあるのだと思います
それは満月のように明るくて波がきらきら光る海ではなくて、新月のように暗くてねっとりとした海でもなく、心地よくていつまでも泳いでいたい三日月夜の海です

それで言うと、あなたからのメールへの返事を出すのは、その三日月夜の海を深く潜って行く行為かもしれません

 2018.3.10.11:24
***************************************************************

俯いた表情ブーケ 
花びらはシルクサテンを、葉にはエナメルを使用し艶やかな印象です
押し花のようにプレスをして、上からPVC(ポリ塩化ビニール)と革のベルトを乗せて
ニッケルのビスでとめつけています

2018 autumn-winter collection "Lovelorn”

2018 autumn-winter collection "Lovelorn”

今日から少しづつですがla fleurの新しいコレクションを紹介させて頂きます

今シーズンのコレクションのインスピレーションは
写真家Todd Hideによる作品集”BETWEEN THE TWO”から

暗がりのモーテルに佇むモデルたちとの間に満ちるのは
オレンジの光に象徴されるべく 濃密な時
互いに時を共有しながら 寄り添うでもないそれぞれの距離
彼女たちの肌の 触れずとも感じる温度や鼓動

Lovelorn

その身を浸すように孤独を味わう彼女たちの姿と
重なるようなこの言葉が 今回のコレクションのテーマです

前シーズンからの連作とも言うべき
人と人との関係性を
私なりの理解によって作品の中に落とし込めないかと言う
一つの小さな挑戦でもあります

彼がカメラのファインダーを通して 彼女たちを見つめるように
私の周りの女性達の言葉を
花々にビニールを重ねる手法により見つめ
前シーズン同様に繰り返し表現しています

透明のビニールを通して 色や形を露わにする花々
ありきたりの美しさではない 憂いや強さを内在した姿
あるいは 彼女たちが一瞬見せた表情を
彼のファインダーが捉えるごとく
美しい花の一瞬に 封じ込めるように現したコレクションです
The inspiration of this season’s collection came from “BETWEEN THE TWO” by photographer, Todd Hide.

A dark motel room is filled with intense moment of orange light, between a model and the lens. 
Keeping its distance by sharing their time, but not snuggling up. 
Two can feel their heat and heartbeat without touching each other.

The title “Lovelorn” overlaps the image of hers as if she sinks her body into the loneliness.

To transform human relationships into my piece is a continuing small challenge from last season.

Just like the way he saw the model through the lens, 
I see the word by the women around me through my work by the technique 
of laying over the pedals and the lens from last season.

The flowers are exposing it’s color and shape through clear pvc with holing not the ordinary beauty, 
but their sorrow and strength inside.
This collection was capturing the brief moment of beautiful flower,
 just like how he did the model expression through the lens.
次回投稿より新しいコサージュをひとつづつご紹介させて頂きます

la fleur 岡野奈尾美

2018年6月4日月曜日

la fleur WORKSHOP              @代官山ティーンズ・クリエイティブ

代官山ティーンズ・クリエイティブでのワークショップのお知らせです
こちらのワークショップは中学生以上〜25歳までの学生が対象となっております
*****
コサージュを作る時
「楽しい!」と誰もが口をそろえて言うのがコテの作業です
平面から立体にすることのおもしろさ
コテを使い、自らの手で形成するので楽しいに決まっています
けれど同じコテ先を使っても、人によって仕上がりや雰囲気が異なります
自分なりのコテの表情を研究しながら、
完成するまでのプロセスを手を動かしながら体験してみましょう
*****
詳細・お申し込みはこちらよりお願いいたします

我々は作ることの楽しさを
若い世代に伝えることができたらと思っております
保護者の皆様へ、是非子供たちに教えてください
皆様のご参加を心よりお待ちしております


la fleur  岡野奈尾美



2018年5月3日木曜日

la fleur WORKSHOP @ moss* atelier        ~お申し込み先の変更です

先日アップしたmoss*でのワークショップの
お申し込みのアドレスに不具合が生じており、
お客様のメールが届いてないことがわかりました
すでにお申し込みされてるお客様には大変お手数なのですが
下記アドレスに再度お申し込みのメールを送信してください


ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした
引き続き皆様のご参加をお待ちしております

la fleur 岡野奈尾美

2018年4月30日月曜日

la fleur WORKSHOP @ moss* atelier

moss*の新しいatelierでのワークショップのお知らせです
以下、moss*のHPから転載させていただきます

"Day dream"

「夢なのか現実なのか。白昼夢に虚ろう、脳裏に過る彩りを花束に替えて」

la fleur 岡野奈尾美さんが今まで大切に作ってこられたコレクションの
かけらの中から、お好きな花々を選んでコサージュに仕立ててゆきます

思い思いに作った花束のコサージュに最後はそっとひと吹き香りを纏わせます

コサージュを胸もとに付けてみる
ふわりと香る記憶の中にいざなわれてゆく、白昼夢


日時:2018年6月3日(sun)

場所:moss* atelier
川崎市中原区(東横線沿線)

1回目 11:00~14:00
8500 yen+tax(ランチ&デザート付き)

2回目 15:00~17:30
8000 yen+tax(デザート付き)


moss*の新しいatelierでおこなわれる最初のワークショップです
お申込みやお問い合わせは、

までお願い致します

皆様のご参加を心よりお待ちしております


la fleur  岡野奈尾美

“Lovelorn” 〜 #2

展示会が終わり、次は下記のお店で“Lovelorn”の受注会を開催させて頂きます

5月11日(金)〜5月14日(月) 大阪北浜のeuさまにて
*5月12日(土)はla fleurの岡野がワークショップとともに店頭に立たせて頂きます

5月18日(金)〜5月21日(月) 香川県高松市painさまにて
*5月19日(土)・20日(日)はla fleurの岡野がワークショップとともに店頭に立たせて頂きます

5月25日(金)〜5月28日(月) 石川県金沢市のRallyeさまの姉妹店margotにて
*5月26日(土)・27日(日)はla fleurの岡野が店頭に立たせて頂きます 
 ワークショップは27日(日)となります

今回は初めて受注会を開催していただく全店でワークショップを行います
作っていただくコサージュは爽やかな白にブルーのぼかし染めをしたローズ
一度立体にしたコサージュを押し花のように平面にし、スパッタリングでぼかし染めをいたします
初心者の方でも経験者の方でもご満足頂ける内容となっております
お申し込み、詳細は各店のHPをご確認ください


皆様のご来店を、心よりお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします

FOR flowers of romance 岡野隆司
la fleur 岡野奈尾美

2018年4月23日月曜日

“Lovelorn” 〜 ありがとうございました

昨日4月22日の日曜日、無事展示会を終える事が出来ました
今回も沢山の出会いがありました
そして沢山の方々にご来場いただきました
この場を借りて御礼申し上げます

今回モデルを引き受けてくれた5人の素敵でカッコいいみんな、
翠れんさん、Emilyさん、Yurinaさん、Kayaさん、Tiaさん、
いつもありがとう!
そして毎シーズン素敵なポスターの写真を提供して頂いてる東野翠れんさん
そのポスターを彩るレタリングやイラストをお願いしている小林エリカさん
ポスター全体のデザインをまとめて頂きました田部井美奈さん
DMにいつも素敵な言葉を綴ってくれてる荒瀬和子さん
今回も皆さんのおかげで素敵なDMができあがりました
ほんとうにありがとうございます
いつも展示会場の装花をお願いしているtrefleの木之下渉くん
展示会のお手伝いして頂きました、高野玲奈さん、大塚佳世子さん、中川裕子さん、
いつも無理を言ってお願いしております縫製工場の皆様、生地屋さん、付属屋さん
まだまだ今回の展示会に関わって頂いた方々は他にも沢山いますが
この場を借りて御礼申し上げます

そして会場を快く貸していただいたtwelvebooksの濱中敦史さん、
スタッフの中山庸子さん、中野美登樹さん、
おかげさまで、前回に引き続き素敵な展示ができました

また、今回もコサージュを作るにあたって文章を提供してくれた、甲田益也子さん、
工藤千愛子さん、Emily、翠れん、NYのYoko Matsumotoさん、志水美香さん、
そして小林エリカさん、皆さんのおかげでとても素敵なコサージュが出来上がりました

そしてFOR flowers of romance と la fleur をお取り扱いくださっておりますSHOPのみなさま
FOR flowers of romance と la fleurをいつも愛してくださっているお客様へ
展示会場まで足を運んでいただき本当にありがとうございました

感謝の気持ちでいっぱいです
どうもありがとうございました

そして私たちの最愛の息子、
美心にもありがとう💕

FOR flowers of romance 岡野隆司
la fleur 岡野奈尾美