2018年12月29日土曜日

2019 spring-summer collection ”serendipity”

2019ssのコレクションは東野翠れんの写真展「Pendant 1957-201」から10枚の写真を選び
それに文章を添えた写真と記憶をコサージュという立体で編み上げた花々です

彼女の写真から
ペンダントが揺れるように
過去から未来へ、人の記憶から人へ、行きつ戻りつした”時”は、
どこからが彼女の記憶なのか
どこからが私の想像なのか
それは創造と現実のふたつが重なる瞬間に
記憶が花へと姿を変えてゆく不思議な”時”でもありました

そして、simmon(ジュエリーブランド)とともに
指輪について想像を巡らせた”時”は
相反する素材の金属と繊細な布とが
年月を経てどのように朽ちてゆくのかを想像できた”時”でもありました
リアルな未来と
私の想像する未来が同じであるなら
私と手にした誰かとで愛でた花を作りだしたことになります
それはタイトルの通りの”偶然の幸運”に他ならないのではないでしょうか

時とともに変わり続けた花をいつかこの目にするのを楽しみに待ちたいと思います

la fleur  岡野 奈尾美

“serendipity” la fleur - b1910 -

『浮遊する思考』 

彼女との会話はタンポポの綿毛を吹いたときのようである
ふぅーと吹くとあっという間に広がり、どこへともなく飛んでゆく
あんなところにもこんなところにもと思わぬ着地をしながら
話しが尽きることはない
それは言葉についてであったり、子供の話や、考え方だったりと話題も様々
会って、別れて、また会う
とても自然な形で会話をしている
言葉では、はっきりと通じていないと思うこともしばしば
けれども彼女が伝えたいことは感覚的に身体の中に入ってくる
会話と感覚についての面白い距離感である
その距離感が心地よさを携える
言葉でのやり取りは浮遊し、拡散し、はじまりも終わりもない
まるで彼女の写真箱の中そのもの
*************************************
*************************************
大きく開いた花びらは華やかなデザイン
シルクの花柄のスカーフを染色して深みがある色あいです
花びらの縁はチラチラと白い絵の具をのせ
中心のフランス製の花芯と合わさってハッキリとした印象にしました
プリントの位置によって一つ一つのコサージュの雰囲気も少しずつ変わります
枝の部分はシルバー色のワイヤーを巻いて作りました
コサージュピン部分にネックレス用のリングを取り付け
革紐を通してペンダントとしてもご利用いただけます

“serendipity” la fleur - b1909 -

『錬金術師』 

私の手は魔法の手
心から願えばお望みのものをあなたのためにつくりましょう
*************************************
*************************************
カラカラと音のするローダンセの花は、
繊細なコテをあて仕上げています
花びらの端がレッドとグリーンで印象の違うブーケになっています
コサージュピン部分にネックレス用のリングを取り付け
革紐を通してペンダントとしてもご利用いただけます

“serendipity” la fleur - a1908 -

『Flyway』 

ちょうちょ の通り道
*************************************
*************************************
大きくカールした花びらは風で揺れて絡まったような表情
凛としたホワイトと、ミックスカラーは花柄プリントのスカーフを使用した
表情の違う2色になります
枝の部分はシルバー色のワイヤーを巻いて作りました
ミックスカラーはプリントの位置によって
一つ一つのコサージュの雰囲気も少しずつ変わります
コサージュピン部分にネックレス用のリングを取り付け
革紐を通してペンダントとしてもご利用いただけます

“serendipity” la fleur - b1907 -

『ただよう詩』

浅瀬の時は
どこまでも歩けるのだという
砂でお城を作った
流木の上で休んだ
水着の人
ダウンを着ている人
フリース
ジャケット
Tシャツの人
なんて自由なんだろう
誰も急いでいないし
早くして
という表情を誰もしない
この街には
急いで払わなきゃみたいなのも
ないねえという話しをした
*************************************
*************************************
乾いた音がする、花が連なるコサージュ
ベージュには刺繍をほどこした生地、
ライトブルーには花柄のスカーフ生地を染めてニュアンスのある色に仕上げました
枝の部分はシルバー色のワイヤーを巻いて作りました
ライトブルーはプリントの位置によって
一つ一つのコサージュの雰囲気も少しずつ変わります
コサージュピン部分にネックレス用のリングを取り付け、
革紐を通してペンダントとしてもご利用いただけます

“serendipity” la fleur - a1906 -

『音楽の芽』

みんなそれぞれの内側に集中していて 
周りがどうというのは 
あまり気にならないのだ 

でも目が合えば 
優しい表情をするし 
質問にも友人のように答えてくれる
*************************************
*************************************
指先よりも小さな花は
花弁を2枚貼り合わせた繊細で華奢な仕上がりになっています
ベージュはコットンとベルベットの2種類の素材を組み合わせ染色しています
モスグリーンは花柄のスカーフを使用しニュアンスのある色に仕上がっています
花柄プリントの位置によって一つ一つ違う色目になりますので
コサージュのニュアンスも少しずつ変わります。
枝部分はsimmonとコラボレーションをして製作しました
茎とピンが一体化した仕上がりになっています
モスグリーンには艶のあるシルバーを
ベージュにはマットなシルバーの枝の組み合わせになります

“serendipity” la fleur - a1905 -

『橙色の光』

レイアの家は楽園だ
むかし来た時に比べて
植物が増えている
庭の真ん中にジャスミンのアーチがジャグジーものこっている
庭で食事する
*************************************
*************************************
透けるようなシルクの花びらを2枚はり合わせ、
枯れたような表情を出したローズ
小ぶりのブローチですが、存在感のあるブローチです
ニュアンスのある、果物のよう
なあまずっぱい色のピンクとベージュの2色です
枝部分はsimmonとコラボレーションをして製作しました
茎とピンが一体化した仕上がりになっています
ピンクには艶のあるシルバーを、
ベージュにはマットなシルバーの枝の組み合わせになります

“serendipity” la fleur - b1904 -

『100年後のコサージュ』

このメールには、私の知りたかった「100年後の私のコサージュ」の話がありました
私は、年間1000個~3000個のコサージュを作っています
もう何十年も作り続けているので、いくつ作ったかわかりません
それらは、人が着けているのを目にすることもなく、街に溶けていきます
どこに行くのだろう?とともに、ビンテージショップなどで見る、あらゆる国の手工芸のものは
どうして廃棄の運命を逃れることができたのか?
という正解のない問いを思い続けていました
ある時、大好きなビンテージショップのオーナーに
「たいして価値が無いものでも、今日まで残っている“もの”と
高くても残らなかった“もの”があるのはどうしてなのか?」と問うたところ
金額的な価値に関係なく「残るものは残るべきして残る」という答えでした
物やデザインは時間というふるいにかけられて、必ず淘汰されていきます
私のデザインした世界もこの世界のどこかで淘汰されると思っています
そして創るからには、その形の最後があります
イランの指輪の話には「100年後の私のコサージュ」の最後が描かれていると感じました
それとともに、日本に帰り着いたときその指輪は
イランの家族が込めた祈りを使い果たし、生命が閉じたのだと思いました
創ったものの生命とは、美術品になればなるほど、
命を削って作ったものの本来の力が発揮されるものだと思っています
この話にはもう一つ、指輪の淘汰と重なるように
新たに創られる物との螺旋を描くような”物体”の運命が見えました
永遠と続く、物の誕生と死について
*************************************
*************************************
透けるように薄いシルクの花びらと、
うつむきかげんに咲く花が一つになったブーケです
儚いような凛としたような、二つの感覚の入り混じったコサージュです
カラーはオフホワイトのグラデーションの一色のみです
枝部分はsimmonとコラボレーションをして製作しました

茎とピンが一体化した仕上がりになっています

“serendipity” la fleur - b1903 -


『COME AND GO WITH ME』

私は旅の中でアクセサリーをつける事を学びました。
一切自分を飾る事を嫌っていた私でしたが、シルクロードの旅で現地の女性が身につけている装飾品の意味を知って、自分もつけたいと思うようになりました。それは、友情の印であり、身につける財産であり、結婚した女性であるという証明でした。
イランでお世話になった家族からモスクのドーム型の水晶とシルバーの指輪をもらった時は、それを身につけて旅をしている間、自分がその社会に受け入れられて、守られているという気持ちがとても強くなりました。(帰国後、個展の準備中に壊れてしまいました。修理をしようとしましたが、とても古いシルバーだったので、今のシルバーと純度が違って無理だと言われました。)
また、イランの国境から乗ったトルコ横断の長距離バスでのこと。乗り物酔いで私の方に思いっきり吐いた子供とずっと遊んであげたら、イスタンブ—ル直前で母子がバスを降りる際にシルバーの指輪を外してプレゼントしてくれました。お互い「ありがとう」「どういたしまして」の言葉すら言えなかったけれど、指輪を通してそのお母さんの「ありがとう、気をつけて、良い旅を!」というメッセーが伝わって指を見る度笑顔になり、心が温かくなり、またそれをはめていると自分が異国の女性たちに守られて強くなる気がしました(小学校時代からの親友が結婚して東京に引っ越す際にプレゼントしました)。
インドの友人が旅を続ける私にヒンズー教の聖なる言葉にルビーがついたペンダントトップをくれて、それを手に握るだけで心が静かになった事(いつか娘にあげようと思っています)。
インドの田舎で毎日通ったレストランで、いつも私のサービスをしてくれたおじいさんとは一度も会話をしなかったのに、お皿の下にいつもチップを置いて2ヶ月通った最後に、「明後日日本に帰るんだ」と言ったら、翌日私のお皿の上に琥珀の指輪を置いてくれた事(これは今も手元にあります)。
指輪やアクセサリーはどれもどこかに渡って行った思い出なので、貴金属の装飾品は「どこからかやってきて、どこかに去ってゆくもの」という感じがしています。
*************************************


*************************************
しおれてうなだれたアネモネは
花柄のシルクの大判のスカーフに染色をほどこし
深みがある花の色にしました
フランス製の花芯がアクセントになり
表情豊かに仕上げました
枝の部分はシルバー色のワイヤーを巻いて作りました
パープルはプリントの位置によって
一つ一つのコサージュの色も少しずつ変わります
コサージュピン部分にネックレス用のリングを取り付け
革紐を通してペンダントとしてもご利用いただけます

“serendipity” la fleur - b1902 -

『指輪とは契約の印』

私が着けたのは左手の人差し指(10金のシンプルな細いリングです)
この小さな輪は、金属による温度差と質感、
重さを伝えながら、身を締め付けます
遠くからの印象はほとんどなく、
反対に本人には絶えず視界に入る状態です
これは、自らを縛る効果がある装身具なのですね
意図しなくとも、本人が“なにか”を意識したい意思表示だと思いました
指輪でなくとも、金属を身に着けることは、
それに近い感覚があるように思います
内に内に作用する効果
*************************************

*************************************
ドライフラワーのようにしおれてうつむいたマーガレットの花は、
とても繊細な花びらが自由に遊んでいるようです
ベージュにはコットンの花びらを使用し、
マスタードにはシルクの大判のフラワープリントスカーフに染色をほどこし
印象が違うコサージュに仕上がっています
マスタードはプリントの位置によって
一つ一つのコサージュの雰囲気も少しずつ変わります
枝の部分はシルバー色のワイヤーを巻いて作りました
コサージュピン部分にネックレス用のリングを取り付け、
革紐を通してペンダントとしてもご利用いただけます

“serendipity” la fleur - a1901 -

『serendipity』

ものは永遠と生み出され
創った人の価値観に近い人の手に渡り
自分の道を探して残っていく

その使い続けられたものは
つかいたおされ、くたびれながら
くすみ、ほころび、形は変わり
壊れ、その命も閉じる
その時はすぐにくるかもしれない
けれど叶うなら永く人の手に渡り
時とともに変わり続けて愛でられたい

もしも
永くたくさんの人の手に渡ったのなら
それは私にとっての偶然の幸運に違いない
*************************************
*************************************
クラシカルで丸みのあるバラの花に、
枝の部分はワイヤーを巻いて作ったコサージュです
密度があり薫ような表情が特徴です
花びらは薄いシルクを使用し、
品の良いベージュとオフホワイトと
スカーフ生地のプリント柄をアクセントに使った
ミックスカラーの2色です
ミックスカラーはプリントの位置が一つ一つ違うので、
コサージュの雰囲気も少しずつ変わります
またコサージュピン部分にネックレス用のリングを取り付け、
革紐を通してペンダントとしてもご利用いただけます


2018年12月1日土曜日

「Pendant 1957-2018 Suilen Higashino」    @minä perhonen kyoto

minä perhonen 京都店3F galleriaにて東野翠れん写真展を開催させていただきます
期間は12月7日(金)〜12月19日(水)まで
関西の方面の方にもぜひ観ていただきたいと思っております

「Pendant 1957-2018 Suilen Higashino」@minä perhonen 京都店3F galleria

東野翠れんさんが、自身の出産後の6年間に撮りためたという写真と
イスラエル人のおじいさまの遺品の中にあった
約60年前に撮影されたという記録の数々
約半世紀を超えた表現の間に横たわる
記憶の交換や同調。タイトルとなったpendant(パンダン)は
フランス語で「〜の間」という意味の言葉
まさに「時間の連なり」ということに思いを馳せる
翠れんさんの眼差しが、展示風景として立ち上がります

会期中の16日(日)14時より、トークイベントを開催いたします
東野翠れんさんと田中 景子さん(minä perhonenデザイナー
長江 青さん(minä perhonen PRディレクター)が
翠れんさんの写真について、それぞれの制作について語り合います 
ご参加をご希望の方は京都店にお問い合わせくださいませ

会期:2018年12月7日(金)〜12月19日(水)
12 : 00〜19 : 00 木曜定休
作家在店日、トークイベント:12月16日(日)
会場minä perhonen 京都店3F galleria
お問い合わせ:minä perhonen 京都店

「過去の痛み、歴史の重み、個人の傷跡ではない写真
ではなにを撮っているのかということを考えると
それは<ちょっと先の未来におく写真>ー 平和な世界がどんなところなのか
自分が忘れないためにも
いま目の前に見える一瞬の静けさ、光、その平安な時間を
今日、生きているということを祝福する写真を撮っているのだなと思う」
東野翠れん〜 

クリスマス前の京都へ、どうぞお出掛けください

FOR flowers of romance 岡野隆司

2018年11月24日土曜日

minä perhonen workshop @松屋銀座 Rita's Diary

松屋銀座リタズダイアリーにて開催される
minä perhonenのクリスマスフェアで
ワークショップをおこないます
minä perhonenのテキスタイルをふんだんに使った
クリスマスリースを作ります
刺繍を施した葉っぱとちょうちょ
黄色い小花を散らしたクリスマスリースです
minä perhonenの素材から
どのようにしてクリスマスリースが生み出されるか
触れて作って味わってみませんか
****************************************
minä perhonenのテキスタイルを使ったクリスマスリース
開催日時:12月15日(土)
  1回目  11:30-13:30
2回目  15:00-17:00
定員:各回16名様
持ち物:お手拭き・よく切れるハサミ(必須)
参加費:16,200円(税込)
会場:松屋銀座8階バンケットルーム
講師:la fleur 岡野奈尾美
お申し込みはこちらから→松屋HP
****************************************
皆様のご参加を心よりお待ちしております

la fleur  岡野 奈尾美

2018年11月12日月曜日

la fleur WORKSHOP @ moss* atelier

moss*のatelierでのワークショップのお知らせです

『私はわたし 』vol.2   “Fleurs et livres”

全4回で構成されるla fleur ワークショップ@moss *atelierのお知らせです。 

vol.2   “Fleurs et livres”  〜  花びらを記憶の中へ 

2回目となる今回はスミレの花びらの制作
片耳に華やぐピアスかイヤリング、
もしくはブローチを仕立ててゆきます
ご自身の大切にしている本を一冊お持ち頂きます

好きな頁の言葉を脳裏に描きながら、
薄く儚げな花びらを思い思いに色づけしてゆき、
そっと本の中に花びらを綴じ込めます。
2回目はここまで

本の中に綴じられた花びらはやがて記憶の中へといざなわれてゆくのです
そして3回目の「記憶のなか」のワークショップで完成させてゆきます

※参加が難しい方には仕上げ用のピンもお渡し致します。

花色のお茶を傍らに
記憶の彼方にある思いを花びらにのせて
美しくも儚げな時間を共に過ごしてゆきましょう

日時:2018年12月9日(日)
1回目 11:00〜14:00
2回目 15:00〜17:30

参加費 
午前の部  8500yen+tax ランチ&デザート付き
午後の部  8000yen+tax デザート付き

場所 moss *atelier (川崎市中原区) 
※染色をするため、エプロンと新聞紙1日分をお持ち下さい。

ご参加を希望される方は
までお問い合わせくださいませ
皆さまのご参加をお待ちしております

la fleur  岡野奈尾美
moss*  石澤敬子

*3回目以降の予定は下記の通りになります
皆様のご予定に入れていただけたら幸いです

3回目  「記憶のなか」2019年2月10日予定
4回目  「花を味わう」2019年5月26日予定

2018年10月22日月曜日

“Serendipity” 〜#2

展示会が終わり、次は下記のお店で“Serendipity”の受注会を開催させて頂きます

10月26日(金)〜10月29日(月) 大阪北浜のeuさまにて
*10月28日(日)はla fleurの岡野がワークショップとともに店頭に立たせて頂きます

11月9日(金)〜11月12日(月) 石川県金沢市のRallyeさまの姉妹店margotにて
*11月10日(土)・11日(日)はla fleurの岡野が店頭に立たせて頂きます 
 ワークショップは11月11日(日)となります

11月17日(土)〜11月25日(日) 香川県高松市painさまにて
*11月17日(土)・18日(日)はla fleurの岡野がワークショップとともに店頭に立たせて頂きます

そして今回のワークショップは『Dying rose』
ペンダントとしても、花器に挿しても愉しめるDying rose
指先に集中しながら、一輪のバラを作ります
深みのある赤い花を作るのは、指先の器用さも必要です
コテの使用もなく、
枯れた姿を想像しながらバラをどのように立体にするかを体験しましょう

初心者の方でも経験者の方でもご満足頂ける内容となっております
お申し込み、詳細は各店のHPをご確認ください

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします

FOR flowers of romance 岡野隆司
la fleur 岡野奈尾美

2018年10月16日火曜日

picnic marché @call

青山のスパイラル5Fにあるminä perhonenのお店callのフリマに参加します
いつものごとくレコ屋ですが、、、、
以下、ご案内です

高く澄み渡る秋空の下、11月3日(土)にcallテラスにて、
picnic marché(ピクニック マルシェ)を開催します
この日のcallテラスは、一大マルシェに大変身
ピクニックのようにお弁当を食べて、
マルシェのようにフリーマーケットや、
花、野菜、パンなどのマーケット、
そしてワークショップを楽しんでいただけます
今回出店してくださる方々は、
「記憶に残る素敵な人、もの」をこのpicnic marchéでご紹介してくださいます
出店者の方々とcallとのつながりもぜひお楽しみください
皆様のお越しを心よりお待ちしております

日時:11月3日(祝・土)11:00~16:00
場所:call

○お弁当 11:00~なくなり次第販売終了
マツーラ家ごはん(つむぎや マツ―ラユタカ & ミスミノリコ)
ごはん屋 ヒバリ
やまくに 
カフェ「家と庭」

○ワークショップ 
予約制です。10月19日(金)正午ころよりmetsäにてチケット販売となります。

やまくに 親子だし教室 
日時:11月3日(祝・土)9:00~10:30
定員:10組(小学生以下のお子様と保護者1名)
参加費:¥3,000+tax 

平井かずみさん ハーブのスワッグ作り教室
日時:11月3日(祝・土)14:30~16:00  
定員:15名
参加費:¥8,500+tax

○マーケット:
まるふく農園(ハーブポット)
大神ファーム(花)
宗像堂(パン)
ちいさなたね(野菜)
USHIO CHOCOLATLE(チョコレート)  
     
○フリーマーケット:
大熊 健郎さん(CLASKA Gallery & Shop "DO" ディレクター)  
岡部 史絵さん(UTRECHT 代表)
藤城 成貴さん(プロダクトデザイナー)
岩﨑 牧子さん(フード・インテリアスタイリスト)  
植松 良枝さん(料理家)
岡野 隆司さん(FOR flowers of romance 代表)
東野 翠れんさん(写真家)
皆川 明さん

皆様のご来場を心よりお待ちしております

FOR flowers of romance 岡野隆司

2018年10月15日月曜日

“Serendipity” 〜 ありがとうございました

昨日10月14日の日曜日、無事展示会を終える事が出来ました
今回も沢山の出会いがありました
そして沢山の方々にご来場いただきました
この場を借りて御礼申し上げます

今回の展示はアクセサリーのsimmonと一緒に一緒にやり、
また新たな可能性を見出すことができたと思います
彼らsimmonにも感謝です

モデルを引き受けてくれた5人の素敵でカッコいいみんな、
翠れん、Tia、倫ちゃん、千里ちゃん、咲紀ちゃん
いつもありがとう!
毎シーズン素敵なポスターの写真を提供して頂いてる東野翠れんさん
ポスター全体のデザインをしてくれた永井祐介くん
おかげさまで素敵なDMができあがりました
ほんとうにありがとうございます
展示会場の装花をお願いしているtrefleの木之下渉くん
展示会のお手伝いして頂きました、
高野玲奈さん、大塚佳世子さん、高田和嘉さん、中川裕子さん、
いつも無理を言ってお願いしております縫製工場の皆様、生地屋さん、付属屋さん
今回新たに会場を貸していただいたVACANTの永井祐介くん、
スタッフの高橋百々子さん、森下怜くん、
おかげさまで、素敵な展示ができました
また、コサージュを作るにあたって写真と文章を提供してくれた、東野翠れんさん、
そして往復書簡をして頂いたNYのYoko Matsumotoさん、
お二人のおかげでとても素敵なコサージュが出来上がりました
まだまだ今回の展示会に関わって頂いた方々は他にも沢山いますが
この場を借りて御礼申し上げます

そしてFOR flowers of romance と la fleur をお取り扱いくださっておりますSHOPのみなさま
FOR flowers of romance と la fleurをいつも愛してくださっているお客様へ
展示会場まで足を運んでいただき本当にありがとうございました

感謝の気持ちでいっぱいです
どうもありがとうございました

そして私たちの最愛の息子、
美心にもありがとう💕

FOR flowers of romance 岡野隆司
la fleur 岡野奈尾美